ハイドロリリース
(首・肩こり・各部位の痛み)

ハイドロリリース
(筋膜リリース)

ハイドロリリースのエコー画像

ハイドロリリースとは、超音波エコーという機械を用いて痛みの原因となっている神経の周囲や筋肉と筋肉の間の組織に生理食塩水(一部、局所麻酔薬も混ぜることがあります)を注射して、組織同士の癒着をはがす(リリース)ことで神経や筋肉の動きが滑らかになり、痛みやしびれが解消する治療法です。また可動域が増えることで身体の動かしやすさを実感されます。基本的に生理食塩水を使いますので、安全に治療を行うことができて、妊婦や授乳婦の方にも安心して受けていただけます。

ハイドロリリースは保険診療です

保険制度上、ハイドロリリースは週1回のペースで行うことができます。

料金ですが、当院では保険が適用できます。手技料金だけですと以下になります。
1割負担:448円
2割負担:896円
3割負担:1,344円

効果のある疾患、症状

頚部をエコーで評価して痛みの原因となっている部位を見つけて1部位につき2~3ヶ所ハイドロリリースを行います。
手術後に「手術した部位の原因不明の痛みが消えない」「手術した部位が硬くなって動きが悪い」などの訴えがある方も多いです。このような症状の方にとても効果があることが多いです。

経過
肩こりについて、施行後1~2日ぐらいに肩の軽さを感じて頂けると思います。寝違えについて、施行後5分ぐらいで首がスムーズに動くようになります。首の疼痛について、1回で治る方もいましたら、複数回注射が必要な方もいます。

経過
腰痛の原因となる部位をハイドロリリースするため、即効性はありますが経験則で持続性はないと思っています。痛みをしっかりコントロールしたい方はハイドロリリースとリハビリを併用する事をお勧めします。もしくは神経ブロックを併用してもいいと思います。

経過
肩はハイドロリリースとして狙うべきポイントがたくさんあるため色んな症状に対応できます。来られる方で多い訴えは「肩が動かない」、「肩の後ろが痛い」、「肩のここがピンポイントで痛い」 などです。肩の後方はハイドロリリースが良く聞きますが、前方の場合はブロック注射の方がよく効きますのでまずは一度診察させてください。

経過
薬指と小指の痺れがある人は尺骨神経という肘の内側部にある神経が原因です。その尺骨神経の周囲をハイドロリリースすると痺れと痛みは軽快します。また、テニス肘についてはハイドロリリース以外にブロック注射も併用しますのでしっかり痛みが取れます。

ハイドロリリース部位

経過
肩こりについて、施行後1~2日ぐらいに肩の軽さを感じて頂けると思います。寝違えについて、施行後5分ぐらいで首がスムーズに動くようになります。首の疼痛について、1回で治る方もいましたら、複数回注射が必要な方もいます。

経過
腰痛の原因となる部位をハイドロリリースするため、即効性はありますが経験則で持続性はないと思っています。痛みをしっかりコントロールしたい方はハイドロリリースとリハビリを併用する事をお勧めします。もしくは神経ブロックを併用してもいいと思います。

経過
肩はハイドロリリースとして狙うべきポイントがたくさんあるため色んな症状に対応できます。来られる方で多い訴えは「肩が動かない」、「肩の後ろが痛い」、「肩のここがピンポイントで痛い」 などです。肩の後方はハイドロリリースが良く聞きますが、前方の場合はブロック注射の方がよく効きますのでまずは一度診察させてください。

経過
薬指と小指の痺れがある人は尺骨神経という肘の内側部にある神経が原因です。その尺骨神経の周囲をハイドロリリースすると痺れと痛みは軽快します。また、テニス肘についてはハイドロリリース以外にブロック注射も併用しますのでしっかり痛みが取れます。

経過
親指から中指にかけてしびれや痛みがある人に最適な治療です。また、手をついて立ち上がる時に手首に痛みがある方も痛みが取れます。

経過
エコーで正確に評価して筋肉の損傷部に注射しますと痛みはしっかりと取れます。

経過
エコーで損傷部を評価して注射を行います。膝には関節内へのヒアルロン酸注射しか知らない方が多いですが、ハイドロリリースや神経ブロックを駆使すると痛みはかなり軽減できます。

経過
足底腱膜炎は湿布だけ貼って経過を放置されている方を多く見ます。エコーで正確に評価して注射をすると1回でかなり疼痛は消失します。 「足首全体が痛くて歩けない」という理由で外来に来られる方が多く原因は足首ではなく踵のアキレス腱の炎症が隠れていることが多いです。これには注射がかなり効きますので1回で治療が終わります。 また、原因不明の足の痛みが取れないなどもエコーで評価して原因部位にハイドロリリースすると痛みがなくなることが多いです。

基本的には筋肉と神経周囲の問題であればどの部位でも効果は見込めますので上記以外の部位でもお気軽にご相談してください。

治療後

ハイドロリリースの写真

ハイドロリリースをすることで痛みが消失しても、生活習慣や身体の使い方が変わらなければ症状は再発します。
そのためハイドロリリース後に運動療法によるリハビリを行うことでさらに効果を感じるようになります。
当院では患者様の身体状況などに合わせてリハビリテーションによる治療を併用して行い、更に効果を高めて持続できるようにしています。

効果について

肩凝りのイメージ

効果の持続時間は人により様々です。 初診治療時から1回のリリースで症状が改善する場合もありますが、長年煩った症状であれば何度か治療を行った上で徐々に症状の改善が見られる方もいます。 ハイドロリリースによるによる治療の頻度は7日~28日おきに最小1回、最大でも10回ほどで治療効果を判断します。 日常生活を送るのに問題ない所をゴールと考えて、最小回数で終わらせられるよう心がけております。