診療案内

診療時間

診察時間
9:00~12:00 -
15:30~18:30 - -

休診日:土曜午後・日曜・祝日

水曜午前はペインクリニック外来もおこなっています。

初診受付をご希望の方はこちら

診療内容

一般整形外科

一般整形外科について

痛みを治療し
運動機能を回復させる

関節リウマチや変形性関節症などの慢性疾患から、腰痛や肩こり、骨折、捻挫、打撲、切り傷などの外傷など、身体のさまざまな治療をおこないます。多岐にわたる疾患の痛みの追究をおこない、日常生活の「痛み」や「違和感」から解放し、元の元気な生活が送れるよう、分かりやすい説明と診察をおこなっています。

― 整形外科の主な疾患 ―

外傷  :骨折、打撲、捻挫、傷、火傷
上肢  :肩こり、手の痛み、五十肩、寝違え、手の痺れ、腱鞘炎、手の変形
下肢  :足の痺れ、足の痛み、肉離れ、外反母趾、扁平足、膝の痛み、股関節の痛み
体幹  :首の痛み、背中の痛み、腰痛、筋肉痛、坐骨神経痛
代謝疾患:骨粗鬆症、痛風、関節リウマチ
腫瘍  :小さなデキモノやシコリ

など様々な症状が整形外科の対象になります。

骨粗鬆症についてはこちら ペインクリニックについてはこちら

リハビリテーション科

慶元整形外科リハビリ骨粗鬆症クリニックのリハビリテーション

広々としたリハビリルーム完備

当院では、2階に約120平方メートル(36坪)の広々としたリハビリルームを完備しています。 さまざまな複数台のリハビリ機器を揃えておりますので、身体状況に適したリハビリテーションが行えます。
もちろんバリアフリーにも対応しており、2階へはエレベーターで上がれます。
リハビリテーションは予約制となっております。お気軽にお声がけください。

リウマチ科

慶元整形外科リハビリ骨粗鬆症クリニックのリウマチ科

関節の痛みは
リウマチによるものかもしれません

関節リウマチは手足をはじめ、全身の関節が腫れて痛みを伴います。関節の周囲がこわばる症状は朝に多く現れ、病気が進行するにつれて骨や軟骨が破壊され、関節の変形や脱臼などが起こり、日常生活や仕事に支障が出てきます。
関節リウマチの治療は、早期診断・早期治療の開始が重要となり、発症早期のほうが薬剤の効果が得られやすく、できるだけ早い時期から適切な治療を開始することが重要です。
以前は治療に難渋する病気でしたが、最近では新しい治療薬・治療方法が次々報告されており、近年大きく治療が進歩いたしました。
関節リウマチは専門性の高い治療が必要な場合や、他の病気の可能性がある場合があります。その場合、当院では患者様を適切な医療機関をご紹介します。

このような場合は
ご相談ください

関節リウマチの検査

関節リウマチの血液検査

血液検査

関節リウマチの診断には血液検査がとても重要となります。関節リウマチの可能性がある患者様を血液検査にて関節リウマチに関連する項目(リウマトイド因子・血沈・抗CCP抗体・CRPなど)を測定し、診断時に参考にします。
診断後は治療の効果や副作用をみるために1か月程度の定期的な外来受診と血液検査を行います。

関節リウマチの画像検査

画像検査

診断時はもちろんのこと、定期的にレントゲンを撮影し、関節の変形が進んでいないかを確認します。超音波の機械やMRIを用いて、滑膜炎の診断をします。
関節リウマチは治療効果が十分でないと炎症は持続して関節破壊を来たします。
リウマチ診療の目的の1つは関節破壊の進行を抑制して日常生活をより良く維持していくことです。